プロサーファー田中大貴のプロフィール

Photography by Pedro Gomes

プロサーファー田中大貴 写真

田中 大貴
1998年6月14日生まれ A型 
福岡出身
サーフィンスタンス : レギュラースタンス

Daiki Tanaka
Birth : June 14, 1998 / blood type : A
born in Fukuoka Japan
Surfing stance : Regular

福岡海星女子学院付属マリア幼稚園卒園
福岡市立小笹小学校卒業
福岡市立平尾中学校卒業
宮崎私立日南学園卒業

現在WSL(ワールドサーフリーグ)を中心に世界中の試合を転戦中。
目標を高く意識し技術向上に向け努力を重ねている毎日です。

Fukuoka Kaisei Girls’ School Maria Kindergarten GRADUATION
Fukuoka Municipal Ozawa Primary School GRADUATION
Fukuoka Municipal Hirao junior high school GRADUATION
Miyazaki Private Nichinan Gakuen GRADUATION

4歳の頃から小学校の間 サッカークラブ VAMOSへ入りアルベーロ氏(アルゼンチン出身 元横浜フリューゲルスの選手)によるアルゼンチン式サッカーを習う。

同時期に両親がサーフィンをしていたのがきっかけで、海遊びでサーフィンを始める。

毎年家族で旅行していたインドネシアロンボク島で現地のローカルGONOとに出会いサーフィンの面白さや自然の中での楽しさや大切な事をたくさん教えてくれた。

サーフィンが楽しくなり、試しに小学校3年生の頃 地元の大会をきっかけにサーフィンコンテストに出場。
そこで試合が楽しくてもっと上を目指したくなった。

I started soccer when I was 4 years old and I jointed soccer club call “VAMOS” till all the way to graduated primary school. I learned the type of Argentina soccer from Mr. Arubero (former player of Yokohama Flugels).

At the same time, I started surfing because of my parents were surfing.

Every year my family went to Lombok Island at Indonesia and we met Gono. He was born in Lombok and we living this place. He told me how fun surf is and interesting to spend time in nature. Also he told me relationship with people is important.

After good time at Lombok, surfing is become primaries for my life. However I started competing when I was 9 years old at local surfing contest. I enjoyed a lot and I felt I want to win and want to be a good surfer.

  • 小学校1年生の頃

    インドネシアロンボク島で小学校1年生の頃

  • 小学校2年生の頃、日向にて

    小学校2年生の頃、日向にて

  • 初めての優勝

    唐津で行われた試合で初めての優勝

しかしそんなに甘くはなく、小学校6年生で初めて全国の大会に出場し、真剣にサーフィンに取り組んでいる同世代のコンペティターと初めて試合をした時にあまりにも差がありすぎて衝撃的な気持ちになった。
その時をきっかけに、いつかは勝ってみたい目標が出来、波がある時は、しっかり練習を繰り返したが、福岡は毎日波がないので、週末は必ずサーフィンが出来る海(主に宮崎)へ連れて行ってもらい練習を続け 一つでも勝てるように全国クラスの試合に廻る。

日南 フリーダムサーフボード 川畑龍一氏に出会う。

たまたま出場した日南で行われた試合でライディングを気に入って頂き サーフボードのスポンサーになってくれる事が決まった。
体にあった川畑さんシェープのサーフボードで練習出来る様になり、ようやく初めて中学2年生の頃 全国クラスのコンテストで優勝する事が出来きた。
それからもっと毎日練習がしたいと思いが強くなり日南に住みたくなっていった。

But it wasn’t easy to get win. When I was 12 years old first time to competing national surf contest. People whom competing this contest, they were actually surf really good and I thought, “I’m not good enough to get win”.
After this contest, I felt “ I want to be a good surfer” to get win. Therefore I practiced surfing way more then before. But my home beach is not many waves, so every weekend I went to Miyazaki to get more waves and practiced surfing.

Meat Mr. Ryuichi Kawabata. (Freedom surfboard)

One of contest I surfed at Nichinan Mr. Kawabata watched my surfing and he started supporting surfboard for me. The surfboards he shaped feel really good and that boards helped me to get to win the national contest when I was 14 years old.
I felt I want to surf everyday at good surf point, which is Nichinan Miyazaki.

田中大貴ライディング写真

夢が叶い 中学校を卒業し、日南学園がサーフィン部の特待生として受け入れてくれる事が決まり、現在 日南学園サーフィン部 学校指定寮 フリーダムサーフショップの宿に下宿し、毎日の練習を重ね高校1年生、2年生としっかり結果が繋がってくるようになっていくようになりました。
現在2015年(高校2年生)に獲得したプロサーファーとして学校とコンテストに日本と世界を廻りながら両立している。
まだまだ沢山の出会いや応援してくれている方々のお陰で現在サーフィンに取り組んでいけてます。
更に上を目指しどこまで自分が通用するのか未知の世界ですが、頑張っていきますのでこれからも応援よろしくお願いいたします。

After graduated junior high school, I moved Nichinan. I was decided surfing scholarship student by Nichinan Gakuen. Now, I’m staying at accommodation owned by freedom surf shop and training for surfing everyday that related to my results.
In 2015, I got qualification of Japan professional surfing association. I compatible schoolwork and surf contest in Japan and overseas.
To get here, so many people supported and helped me.
Thank you for your support. I appreciate it.

田中 大貴 -Daiki Tanaka-